行政書士が、「交通事故」のことについてどのように、被害に遭われた方をサポート出来るのかを簡単ではありますが、ご説明させていただきます。

行政書士がサポートできること

行政書士は、書類作成、手続き代行、それらに関する相談を業として報酬を得て行うことができる国家資格者です。(他の法律で制限されているものは除きます)

交通事故に関しましても、

・自賠責保険被害者請求による後遺障害等級認定手続き

・その他の自賠責保険の被害者請求手続き

・政府保障事業への申請手続き

・これらに関する相談

などの業務を通じて、お客様をサポートいたします。

また、これらの業務を報酬を得て行うことができるのは行政書士と弁護士のみです。

他士業、無資格者がそれを業として報酬を得て行うことは法律で禁じられています。

 

示談交渉は行いません

弁護士法72条は、弁護士以外の者が報酬を得て本人に代わって訴訟や示談交渉をすることを禁止しています。そのため、行政書士は示談交渉を行うことはできません

しかし、行政書士業務の範囲内でも被害者請求による後遺障害認定手続きや自賠責保険に関する相談業務を通じて、交通事故に遭われたお客様のサポートをすることができます。

 

等級は行政書士に

仮に後遺障害が残ってしまった場合、適正な賠償を受けるためには、適正な等級認定が大変重要となります。適正な等級がなければ、腕のいい弁護士さんでも適正な賠償を得ることは難しいかも知れません。弁護士さんによっては、等級認定を受けてからの方が仕事がしやすいという方もいらっしゃいます。ですので、等級認定は行政書士におまかせ下さい

 

交通事故の解決には自賠責保険の活用が不可欠です

自賠責保険は被害者救済の制度です。自賠責保険を活用することで、問題解決に大きく前進できます

例えば、後遺障害等級認定であれあば、保険会社にまかせっきりにするよりも、自賠責保険の被害者請求で等級認定を受ける方がいくつものメリットがあります。

  

行政書士には守秘義務があります

行政書士には、法律で秘密を守ることが義務付けられています。

ご安心してご相談ください。  

行政書士にしむら労法務事務所では、交通事故の被害に遭ったけれども、どこに相談へ行ったらよいのか分からないと言った方や、「弁護士さんの所へはどうも…」と言った方、保険会社から「症状固定で後遺障害の手続きをしてください」と言われた方などからの、ご相談に乗らせていただきます。

また、このような方や、それ以外のことでお困りの方もとりあえずご相談ください

行政書士にしむら労法務事務所は、ご相談に来られた方や、手続きをお手伝いさせていただいた方が、少しでも「笑顔」になっていただけるよう、迅速誠実サポートさせていただきます。

 

 

 

 後遺障害手続き、自賠責保険請求に

 ついての初回相談は無料です。

 まずは、お気軽にご相談ください。

 ☎059-253-7166

受付時間 平日9時~18時

     

行政書士・社会保険労務士

 にしむら労法務事務所  

三重県津市東丸ノ内13番18号

☎059-253-7166

 

対応エリア

【三重県】

津市、松阪市、鈴鹿市、亀山市、四日市市、いなべ市、桑名市、伊勢市、鳥羽市、志摩市、尾鷲市、熊野市、名張市、伊賀市およびその周辺地域、三重県全域

 

【愛知県】

稲沢市、あま市、津島市、愛西市、蟹江町、弥富市、飛島村

 

【岐阜県】

海津市、養老町、輪之内町

 

【滋賀県】

甲賀市、東近江市、日野町

 

【奈良県】

曽爾村、御杖村、東吉野村、川上村