自賠責保険で、すべての補償が受けられるわけではありません。あくまでも、自賠責保険法と言う法律で定められた、限度額と補償内容の範囲で補償がなされます。また、自賠責保険は、「人」に対する賠償保険であって、車やモノに対しては対象外の保険です。

それでは、その限度額と補償内容について、簡単にご紹介いたします。

限度額と補償内容

傷害による損害は治療費関係費・文書料・休業損害および慰謝料が支払われます。しかし 被害に応じて支払われる保険金(救済金)には、『傷害・死亡・後遺障害・死亡に至るまでの傷害』についてそれぞれ支払限度額が定められています。

 

限度額

(被害者一名につき)120万円

自賠責の支払い限度額(被害者1人に対する)

死亡事故 ①死亡による損害 3,000万円
②死亡に至るまでの傷害による損害 120万円
傷害事故

③障害による損害 120万円

④後遺障害による損害

 ・介護を要する後遺障害

  4,000万円(第1級)~3,000万円(第2級)

 ・その他の後遺障害

  3,000万円(第1級)~75万円(第14級)

 

補償内容

支払いの対象となる損害 支払い基準

治療費

診察料や手術料、または投薬料や処置料、入院料等の費用など。

治療に要した、必要かつ妥当な実費が支払われます。
看護料 原則として、12歳以下の子供の近親者等の付き添いや、医師が看護の必要性を認めた場合の、入院中の看護料や自宅看護料・通院看護料。 入院1日4,100円、自宅看護か通院2,050円。近親者等に休業損害が発生し、立証書類等により、これらの金額を超えることが明らかな場合は、必要かつ妥当な実費。
諸雑費 入院中に要した実費。 原則として1日1,100円が支払われます。
通院交通費 通院に要した交通費。 通院に要した、必要かつ妥当な実費が日払われます。
義肢等の費用 義肢や義眼、眼鏡、補聴器、松葉杖等の実費。 必要かつ妥当な実費が支払われ、眼鏡の費用は50,000円が限度。
診断書等の費用 診断書や診療報酬明細書等の発行手数料。 発行に要した、必要かつ妥当な実費が支払われます。
文書料 交通事故証明書や印鑑証明書、住民票等の発行手数料。 発行に要した、必要かつ妥当な実費が支払われます。
休業損害 事故の傷害で発生した収入の減少。(有給休暇の使用、家事従事者を含む) 原則として1日5,700円。これ以上の収入減の立証で19,000円を限度としてその実額が支払われます。
慰謝料 交通事故による精神的・肉体的な苦痛に対する補償。 1日4,200円が支払われ、対象日数は被害者の傷害の状態、実治療日数などを勘案して治療期間内で決まられます。

 

自賠責保険の支払限度額補償内容について、もっと具体的にお知りになりたいという方は、お気軽に「行政書士にしむら労法務事務」へお問い合わせください。

 

当事務所では、交通事故の被害に遭われた方が、まずは自賠責保険から最低限の補償を受けられるよう、親身に的確にサポート致します。

 

 

 

 後遺障害手続き、自賠責保険請求に

 ついての初回相談は無料です。

 まずは、お気軽にご相談ください。

 ☎059-253-7166

受付時間 平日9時~18時

     

行政書士・社会保険労務士

 にしむら労法務事務所  

三重県津市東丸ノ内13番18号

☎059-253-7166

 

対応エリア

【三重県】

津市、松阪市、鈴鹿市、亀山市、四日市市、いなべ市、桑名市、伊勢市、鳥羽市、志摩市、尾鷲市、熊野市、名張市、伊賀市およびその周辺地域、三重県全域

 

【愛知県】

稲沢市、あま市、津島市、愛西市、蟹江町、弥富市、飛島村

 

【岐阜県】

海津市、養老町、輪之内町

 

【滋賀県】

甲賀市、東近江市、日野町

 

【奈良県】

曽爾村、御杖村、東吉野村、川上村